あにまるあいず

アクセスカウンタ

zoom RSS ふれあい教室

<<   作成日時 : 2011/10/06 15:30   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

年に数回、幼稚園や保育園の依頼で、行政施設で、あるいは、幼稚園や保育園で、犬猫との「ふれあい教室」が行われているそうです
今回は、行政での「触れ合い教室」でした。
今までは、「子犬と触れ合う」のが主でしたが、有難いことに、当時は、私が出入りしている行政には、持ち込まれている子犬が居ませんでした。
実際、子犬希望は多く、子犬待ちの家族が居る時もあります。
そのため、今回は、ウチにいる子猫を連れての参加を、行政から依頼されました

参加したのは、「ミロ」「けんたろう」「葉月」です☆
けんたろうは、カチコチになっていました。
画像


葉月ちゃんは、初登場なので、ご紹介
画像

餌やりさんから、保護依頼を受けました。
餌をあげている猫は全て不妊手術済みで、意識が高く、餌やりさんはペット不可のお住まいのため、普段は引き取りはしませんが、例外で引き取りました。
葉月ちゃんに掛かる費用は、依頼者に、ご負担して頂いています。
このように、意識の高い餌やりさんが増えれば、もっとノラ猫が減るのにな〜と思います。

話は戻り・・・
初めに、行政の所長さんのお話
画像

犬猫の飼い方についての、紙芝居
画像

実際に、ワンコが登場して、実演をし、ワンコの触り方を学びます
画像

猫は、「オモチャで遊ぶ組」と、「猫と触れ合う組」、「犬の心音を聞く組」に分かれました。
「オモチャで遊ぶ組」は、
画像

ケージ越しに、猫じゃらしで遊びます。
「けんたろう」「葉月」、そして、当時行政に居た子猫が係になりました。

「抱っこ組」は、サークルに入って、猫を抱っこ出来たり、触れたりします。
ミロちゃんが係になりました。
画像

画像

ミロちゃん、かなり嫌そうです。

「魔の手(?)」が伸びてきました(笑)
画像

ミロちゃんは、抱っこ嫌いな子なので、後半は不機嫌で、「ウ〜」と唸りっぱなしでした
ミロちゃんは心臓が悪いことが分かったので、今後は、参加しません〜

ビックリなことに、40人いた幼稚園児のうち、ニャンコと一緒に暮らしているのは、1人でした
ワンコと暮らしているのは、数人。
でも、猫を触ったことがある子は、沢山いました。
「〇〇君の家にいるんだよ!」とか、「公園にいるんだよ!」など、嬉しい言葉を聞きました。
猫アレルギーの子は、一人いました。
意外と少ないんですね〜

大人になってからの意識を変えることは難しいですが、子どものウチに、こういう機会があることは、素晴らしいと思います

猫たちは、帰った後で、疲れていました
バイト代に、本当なら、病気の子しか食べられない(病気の子が食べる時は、薬入りです)、スープ仕立てのフードをあげました

今後も、保育園や幼稚園、グループホームなどで、やっていけたらな〜と思っています。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい
はいけい、にんげんの皆さま。
ふれあい教室 あにまるあいず/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる